バラダイス
~Bar Paradise~
はじめてのバー

はじめてのバーのボトルキープ!相場や維持費、メリットは?

こうはい
こうはい
せんぱ~い!

今度、バーでボトルキープしてみようと思うんです!

なんか、カッコイイし!!

 

せんぱい
せんぱい
すれば?

 

こうはい
こうはい
反応薄っ!
文字数少なっ!

たぶん、一度キープすれば、何回お店行ってもお金かからないし
お得だと思うんですよね~。

 

せんぱい
せんぱい
何言ってんの?

来店ごとにお金はかかるし、場合によってはボトルの方が損なことだってあるのよ?

 

こうはい
こうはい
うそやんー

 

ちょっとあこがれちゃう、バーのボトルキープ。

「キープするのに、いくらぐらいかかるの?
相場は?維持費はかかるの?」

「キープしたら、何かいいことあるのかな?」

今日は、バーでのボトルキープについて、詳しく迫ってみましょう!

 

ボトルキープの相場と維持費

ボトルキープの相場は?

バーのボトルは、ウィスキーなど洋酒がメインです!

そのため
焼酎がキープできる居酒屋などに比べると、相場は高めになります。

 

具体的な相場は・・・

お店によって変わるので、一概には言えません!

・・・といっては
身もふたもないですね( ; ゚Д゚)

 

どんな銘柄のお酒でもいいなら

5000円~8000円くらいが最安値

くらいに考えておけばいいんじゃないでしょうか?

 

720mlのボトルが標準です。

アルコール度数は40%超えが多いので、割って飲んだりすれば結構長いこと飲めますよ( *´艸`)

 

お店によって、保管期限があります。(3ヶ月~長い所で1年くらいが目安)

早めに飲みきってしまいましょう!

一度頼めばあとはタダ・・・ではないよ

はじめに
5000円のボトルをキープしたら

その後は、何度来店しても
そのボトルだけを飲むのなら、追加料金は発生しないはずです。

 

しかし
一度に飲む量が、まるで風邪薬のシロップみたいに少量で

何ヵ月もそのボトル1本だけで粘られたら、お店としてもたまりません( ;∀;)

 

そこで
座るだけで、少しでも追加料金をもらえるシステムとして

テーブルチャージがあります。

 

ボトルキープをしていないお客さんも支払うシステムですが

「座席の指定料」
「おつまみなどのお通し代」

という意味合いを含んでいます。

 

さらに、ボトルキープのお客さんに対しては

「ボトルのお酒にいれる氷代や、割るためのソーダ水代」

という意味合いもあります。

 

テーブルチャージは、1回の来店で300円~1000円くらいが多いようです。

とにかく
「ボトルキープさえすればあとはお金がかからない、というわけではない」
ことは覚えておきましょう!

 

ボトルキープの方が割高になるパターンも?!

普通、同じお酒を
ボトルキープするのと来店ごとに単品で頼むのとでは、ボトルキープの方が割安になります。

 

ただし
お店によっては、ボトルキープをしているお客さんとそうでないお客さんでテーブルチャージの金額を分けている所もあります
(割るためのソーダ水を用意する分、キープしている客の方が高いというパターン)

 

この差を考えると

・来店頻度が多い

なおかつ

・1回の飲む量が少ない(なかなかボトルが空かない)

こんな人は
ボトルキープの方がコストが高くなる場合もあります!!

 

ボトルキープには、こんなメリットが!!

顔と名前をすぐに覚えてもらえる!!


「お客さんの顔はすぐわかるんだけど、名前が出てこないんだよね・・・」

こんな悩みを持つバーテンダーさんが結構多いようです。
まあ、誰だってそうですよね・・・(´・ω・`;)

 

せっかくお店に通うなら、名前も覚えて欲しいもの。

ボトルをキープして、そこに名前を書いておけば、ぐっと名前を覚えやすいのだそうです。

 

ボトルに名前を書く方法は

・ボトルに直接マジックで書く
・お店が用意しているタグに書く
・自分でタグを用意し、書く

などがあります。

派手にボトルに大きく書いたり
個性的なタグを用意したり・・・。

自由に楽しみましょう!
(お店のルールがある場合は、それに従ってください!)

 

「あちらのお客様からです」を自然にできるシステム

よく、マンガやドラマで

「あちらのお客様からです」
と言って、バーテンダーを通して気になる女性客にカクテルを渡し、それをきっかけに男が口説き始める・・・というシーンがあります(もう古い表現ですが)

 

今では、もはやギャグ表現になっていて

ここ数年では
「志村けんのだいじょぶだぁ」
でしかみたことはありませんが( ; ゚Д゚)

 

カクテルを注文して渡すっていうのは、下心のカタマリみたいでいやらしいし

初対面でこれをやるなら、カリスマ的なイケメンしか成功しないと思います( ; ゚Д゚)

 

それでも

「気になるあの子と、一緒に飲みたいな」
と思う時はあるもの。

 

そんなときこそ
ボトルキープを活用するチャンスなのです!!

 

ジンやウォッカを使うことが多いイメージのカクテルですが

実は
ウイスキーを使った甘いカクテルも結構あるんです( ≧∀≦)

 

たとえば

「仕事で大きなプロジェクトが成功したんだよ!
今日は思いきって◯◯(高めのウイスキー)のボトルを開けちゃおうかな!」

という感じで
自然な流れで、ウイスキーのボトルをキープ(さりげなく「デキる男」を演出)

 

そして

「今日はみんなで飲みたい気分だな!
せっかくだから、マスターも少し飲んでよ!
そうそう、あそこにいる人(お目当ての女性)にもカクテルでも作ってあげて!」

 

・・・と
このようなストーリーを作っておけば

少なくとも
いきなり何の脈略もなくカクテルを渡すよりは、よっぽど自然なハズ。

 

この小芝居で
うまくいくかどうかは・・・

あなたの魅力と
女性側の経験次第・・・
といったところでしょうか( *´艸`)

経験豊富な女性なら、すぐに下心を見透してしまいますからね!

 

ボトルに口をつける事はないので、衛生的には特に問題ないですが

その辺を気にしてお断りする女性もいるので注意!
(単純に好きなお酒じゃないから断ることも)

 

実際に
この方法で成功した人が、ちらほらいるそうです・・・。

バーは弱肉強食の世界?

 

こうはい
こうはい
まさか、ボトルキープで口説く輩がいるなんて・・・(´・ω・`;)

イケメンなら可

 

せんぱい
せんぱい
まあ、どちらかというと

「人の良さそうな男の常連さんが、気の強い女性の常連さんにたかられて、ボトルのお酒を飲まれちゃう」

光景の方が
よく見かけるけどね・・・。

 

こうはい
こうはい
アットホームダナー

 

せんぱい
せんぱい
あくまでも
「バーの中で、そういうキャラが確立している男の人」がたかられるのであって

人の良い男性が誰でも
イキナリ女性にボトルを飲まれるわけではないので、ご心配なく!

 

こうはい
こうはい
それは
フォローになっているのだらうか・・・