バラダイス
~Bar Paradise~
はじめてのバー

バーへ行くのに、お酒の知識はどのくらい必要?

 

こうはい
こうはい
バーに行くんだったら
やっぱり、多少はお酒の知識は必要ですよね?
銘柄の名前とか・・・
せんぱい
せんぱい
そう?
「ビールとウィスキーは違うお酒だ」とか
そのくらい分かってればいいんじゃない?
こうはい
こうはい
んなアホな・・・
せんぱい
せんぱい
知識なんて必要ないわ。

むしろ大事なのは
「素直な心」かしら。

こうはい
こうはい
すなお・・・

 

テレビなんかで、ワインをたしなんでいる人たちを見ていると

みなさん知識が豊富で
「ここのワイン畑は○○年が豊作の年で・・・」
なんてことを言ったりしていますね。

 

そんなのを見て刷り込まれているのか

「大人が集うバーに行くときには、ちゃんとお酒の知識を勉強しておかないといけない」

と思いこんではいないでしょうか?

 

いえいえ。
知識よりも、大切なことがあるんですよ・・・。

 

バーへ行くのに、お酒の知識は必要ない!

もちろん
知識があるほうが、楽しめることは間違いありません。

 

でも

知識がないことを後ろめたく感じたり

ある程度の知識がないと
バーに行ってはいけないんじゃないか?と思い込んで、行くのをためらったり・・・。

こんなことをするのは、間違いです( ;∀;)

大切なのは「素直な、ゆだねる気持ち」

では、知識より大切な事とは何でしょうか?

それは
「バーテンダーさんに対する、素直な心(委ねる心)」
です。

 

たとえば
「ウィスキーを飲んでみたいけど、初心者なので何を飲めばいいか分かりません」
とたずねた時に

その返答に
素直に耳を傾けることができるかどうか、ということです。

 

言い方を変えれば
「お酒に関しては、すべてバーテンダーに委ねることができるかどうか」
ということですね。

 

メニューに書いてあるお酒の名前を見ても、なんだかちんぷんかんぷんなことがあります。

それどころか
お酒のメニュー表を置いていないお店だってあります((( ;゚Д゚)))

 

そんなときは
無理に知っている名前のお酒を言ったりせずに

素直に

「慣れないので、どれを頼んだらいいのかわかりません( ;∀;)」

こんな感じで言ってみましょう。

 

ちゃんとしたバーテンダーさんなら

その人の味の好みなどを会話の中で確認し、好みに近いお酒を出してくれるはずです。

 

この一連の流れが、もっとも大切なのです!!

この流れがうまくいかない(いわゆる「ウマが合わない」)のなら

残念ながら、お店を変えた方がいいかもしれません。

 

知識はバーで覚えればよい!

さきほどの一連の流れを
バーに通って何回も何回も繰り返していけば

お酒の知識なんて
勝手についてくるもんです。

しかも
会話を通じて知識がついてゆくので

本を読んで覚えるよりも
忘れにくく、より実のある(役に立つ)知識がついていきますよ!

 

問題は
酔いがかなり回ってる時に言われたことは、次の日になったらコロっと忘れてしまうことです・・・( ;∀;)

 

バーテンダーさんに「前も同じ話をしましたけどね・・・」とか言われたら

「そうでしたっけ?」と、とぼけてスルーしましょうね( ;∀;)

 

知識がないなら、リアクションを大切にしよう!!

たとえば
自分の趣味を他人にすすめたときに

 

「あー、これね。はいはい。知ってる知ってる。
そうそう、これより良いのがあるんだけど知ってる?」

と言われるのと

 

「えー!こんなのあるんだ!知らなかった!
おもしろーい!また今度教えてよ~!!」

と言われるのと

どっちのほうがうれしいですか?

 

これを
バーテンダーと客、という関係に置き換えてみましょう。

もう、わかりますね?

 

「知識がなくても、素直に話を聞いてくれて、良いリアクションをとってくれるなら、それだけでステキなお客様」なんです。

 

 

べつに「知識があっても、それをあえて隠せ」
と言いたいのではありません。

「知識がなくても、教えてもらったときに良いリアクションをすれば、むしろ可愛がられる」
のです。

 

「一定の知識無きものは、今すぐ去れ!!」

なんて、入学試験みたいなことを言うバーテンダーは、1人もいません(少なくとも僕は見たことが無いです)

 

書を捨てよ、今すぐバーへ行ってみよう!

 

こうはい
こうはい
まとめると
「お酒のことは何も勉強せずに行ってもオーケー!」
ってことですねー。
せんぱい
せんぱい
バーって、コミュニケーションを重視する場所なのよ。

お客さんが飲みたいものを
会話から見つけるバーテンダーだっているの。

だから、居酒屋みたいに
飲みたいお酒の種類をあらかじめ正確に伝えないといけない、という訳でもないのよね。

こうはい
こうはい
でも、少しでも銘柄を覚えて
頼むのもカッコいいですよね!

「マスター!
グレンラガンの10年、シングルで!」
とか( *´艸`)

せんぱい
せんぱい
節子、それウイスキーの名前やなくて
某ロボットアニメのタイトルや・・・。